BLOG ブログ

HOME // ブログ // コラム:両親が死んだら実家をどうするか?という話

CATEGORY


ブログ

コラム:両親が死んだら実家をどうするか?という話

こんばんは、ライターのさつきです。

◎記事の概要
「もし、両親と実家暮らしの中、親が死んでしまった時やらなきゃいけないことは?」
「もし、結婚したあと、親が死んでしまったら実家は誰のものなの?」

考えただけでもなんか悲しくなってしまいますが、必ず「その時」は訪れます。
「その時」に、心乱さないように、少しずつ不動産の相続について学んでみましょう。


◎両親が死んだら名義変更は自分でやらなきゃいけない
両親が所有していた財産は子どもが相続することになり、子どもは相続人となります。
両親が死んだら相続人(子ども)に家の所有権が移転するのですが、
名義は自動的には変更されないので、直ちに自分で変更しなければなりません。

もし、名義変更を放置したor忘れちゃった場合の注意点!!!
1, 不動産の売却が自由にできない
2, 不動産の担保設定が自由にできない
3, 権利関係が複雑になる
4, 次の相続にかかる費用が二倍になる可能性がある

などなど、不利になることばかり!!!
両親が死んだ時はショックで放心状態になってしまいそうですが、
名義変更は真っ先に済ませたいですね…。
>>不動産相続のご相談はカプリス株式会社へ


◎相続した実家には住まない場合
晴れて名義変更を完了し「これで自由に住める~!」と思ったのは束の間。
引き続き住む又は住んでなくても所有していると「固定資産税」や
「相続税」などが掛かるので、注意が必要です!!!

「住んでなくてもお金かかるのは嫌だな~」
「でも処分するのも寂しいなぁ~」という方必見!!!

「ハウスリースバック」という方法があるんです。
家を売却しつつ、賃貸として契約しなおすという方法です。

リースバックすれば、現金化することができ、
相続する際に起こる相続税関係にも支障をきたしません。
今の時代、ハウスリースバックとは、理にかなった方法だと思います。
>>ハウスリースバックのご相談はカプリス株式会社へ


◎相続した上で素早く処分するのは意外と簡単
まず親が死んだら10日以内に名義変更(=相続登記)と相続税申告を完了させ、
不動産会社に査定してもらい「売却」という流れになっています。
相続した上で処分する方法っていうのは、案外簡単なんですね。
>>相続と処分査定のご依頼はカプリス株式会社へ


◎所感
私の場合は、今のところ家は処分せず「相続する」方向で決めています。
私には姉が1人いるので、財産でいうと姉と2人のものになると思うのですが…。

ただ、姉はこの家を忌み嫌っていたので、
多分「両親が死んだら住みたい」とは言わないと予想しています…。
その場合でも権限は妹の私ではなく長女の姉にあるので、姉の捺印が必要となります。

私にとってもこの家で起こった様々な怨みエピソードがありますが、
しかーし!!!長年住んできた好きな家なので、
多額の固定資産税がかかろうと守っていきたいと思ってます。


以上
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧