BLOG ブログ

HOME // ブログ // 実際に発生した遺産トラブル

CATEGORY


ブログ

実際に発生した遺産トラブル

相続の際に実際に遭った事件トラブルの一例などを紹介します
相続自体は大変だった人は約7割いたのですが、相続の時、実際にトラブルがあった人は約2割にもぼった。
さて、じゃあどういったトラブルが起きたのでしょうか、実際に見ていきたいと思います。
トラブルあったn=100)

【遺産分割の方法/意識】
取り分を巡ってこじれた
兄弟との分割額
5人兄弟なので、家族に住んでる者が増額を訴えた
相続権のない祖母が相続を強制に主張。
長男が遺産族を拒否したため弁護士に相談して相続を解決した。
親族を巻き込んで、大騒動になった

【不動産の取り扱い】
金融資金以外の遺品物などの配分について。
不動産の評価額について。
親戚との共用物件の取り扱い。

【親族との関係】
兄弟の家屋の売却を反対された
説得したものの、そのあとの関係が壊れた。
兄弟の仲がぎくしゃくした。

【その他】
相続税の申請期間が過ぎてしまい、追徴課税を取られてしまった。
名義が祖母のままになっているため、相続の手続きが複雑で難儀した。
裁判になり高裁まで行った。親戚のうち1軒から捺印を持もらえず、一部の預貯金が降ろせない状態だった。
宗教がらみで、他人が入り込んで、相続財産のほとんどを取られた

このアンケートをまとめると、
「遺産分割」が多いですね。。
誰がどれだけもらうのか
親戚間でもめたという人もいる。
その背景として、親の面倒を見ていたなど、いい額もらえて当然という意識があるようです。
また不動産という配分がしにくい遺産の特徴がトラブルに影響したというケースもありますね。

あとは、相続税の期間が過ぎてしまったから、追徴課税を取られたや、

裁判になり高裁まで行かされたなど、もめることで余計な費用がかかるというのも、なんだかさみしいですよね。
何度も言いますが、主に「人間関係」が起用している。相続のときは、人間関係びついても、もう少し詳しくついて。
人間関係こじれた25%
4/1がややこしいことがあった。と回答している。

「家」一つにとっても、売る売らないとなると、親強打し親戚などが色んな人が関わってきますね。
しまも宗教で他人の人まで入り込んでっていう方もいましたね。
なんかかいてるだけでも、ドロドロですw

大きなかいものNO.1の家ですが、売却するにも居座るにも大変だということが分かました。
さて、そんなドロドロになる前に名義変更やら、なにをしたらいいのやら、
一つ一つ一緒にカプリス株式会社で確認いたしませんか。

家族間の問題は解決できないかもしれませんが、
不動産の知識は豊富にあるので、お役にたてると思います。
是非よろしくお願いします。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧