BLOG ブログ

HOME // ブログ // 相続あるあるランキング

CATEGORY


ブログ

相続あるあるランキング

今回は、切り口を変えてちょっとアンケート風にしてみたいと思います。
「相続で大変だったこと」についてのアンケートです。

家相続は、親族で家をスムーズに行く人もいますが、
若い年代や親族との関わりが薄い方とかは、慣れない相続手続きや税金、
そして場合によってはドロドロの人間関係に見舞われることにもなりかねません。

2015年1月には、相続税の改正が行われ、「相続」に対しての意識が高まったも多いはず。
少子高齢化社会の時代、いざという時に予め対策を練れば大変なケースには発展しないはず。
では、今回「相続にするに際に大変だっこと」ランキングをまとめてみました。
[複数回答可])(n=480)

1位 相続に於ける不動産の名義変更 37.5%
2位 相続の進め方 25.8%
3位 親族間の人間関係 23.8%
4位 相続の時の税金(相続税など) 23.3%
5位 相続に於ける不動産以外の名義変更 18.5%
6位 行政書士や弁護士との人間関係 6.0%

という結果となりましたが、
最も多くの人が、
「相続に於ける不動産の名義変更」が多かったですね。
名義変更といっても、所有権の家と借地権の家で、
当然違うけど、色々な要素が絡みハードルが上がるケースも多いです。

なお、年代別に見ると、
39歳以下は「相続の進め方」や「相続の時の税金」などのプロセスがや手続きと全般において大変だったことが多いことが分かりました。
ちなみに50,60代は、逆に慣れているのか準備しているのか、ほとんど「大変なことはなかった」と答えています。

確かに、今私が両親(特に父)が亡くなったとしたら、何をしていいのか分からないし、
母もちょっと痴呆が入ってるし、姉は東京にいるので、私が窓口になると思います。
その時、どうしたらいいか、その準備はしておいたほうが良さそうですね。

決して父が今危篤状態とかではなく、つい先ほども、怒られたばかりで、
まだまだ威厳がある父ですが。準備に早いことはありませんからね。

次回は、相続の際に実際に合った事件トラブルの一例などを紹介したいと思います。
なお家相続族のことでお悩み・ご相談があれば、ぜひカプリス株式会社へご来店ください。
じっくりお話を聴き、お客様に寄り添い、最良のご返答ができればいいと思います。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧