BLOG ブログ

HOME // ブログ // 登録免許税= (土地の価額+建物の価額)×0.4%

CATEGORY


ブログ

登録免許税= (土地の価額+建物の価額)×0.4%

家の相続に必要な費用は相続登記費用と税金です。主な相続登記費用は以下の通り。

相続登記をする際に必要とする税金で、登録免許税というのがあります。
登録免許税は免額は、不動額(固定資産税評額の0.4%)
土地付きの家の場合には、土地と家(建物)のいずれも発生税金になります。
ん~私には理解が難しい(;’∀’)

登録免許税=
(土地の価額+建物の価額)×0.4%

みたいです。
頭の柔らかい皆さん、分かりますか?

高校時代、数学学年トップの私でしたが、何のことを言っているのかさっぱりわかりません(;’∀’)

 書類の発行書
書類の発行料
相続登記する際に必要とする書類は発行する際に費用が発生します。
費用が発生する書類は一般定期7種類でそれぞれ価格が違いますが、
戸籍謄本などの高いもので700円で相続人の住民票の取得は200~400円かかります。
役所が遠方にあり、郵送を依頼する場合は、それに加え、
郵送費が約500円前後かかるのでおおよそ5000~20000円の費用が発生するでしょう。
5000円で済むのなら得ですけどね(;’∀’)

 依頼料

相続登記を自分でするのではなく、行政書士などの専門家に依頼するなどする場合は、報酬は必要になります。
書類を行政書士に渡し、相続登記を行なってもらう場合はおおよそ5~8万程度。
書類を用意してから依頼するなら15万ほど考えておくと良いでしょう。
最初は、高いと思うかもしれませが、あっちも、仕事なので、きっちりして漏れのないきっちりした書類を書いてくれます

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧